2006年10月12日

荒らし対策として、荒らしを考える

 今回は俺の感じた荒らしの行動の基本について述べてみようと思います。
 あくまで俺の考えというだけですので、実際に連中がどう考えてるのか分かりません。しかし、その行動(というか言動)を見ているとどうしても次のような事なんではないかと思えて仕方ありません。


 とりあえず荒らしの基本的な態度を。

荒らしの共通点

・理屈が通じない
・常識が通じない
・話が通じない


 まず、相手の言うことなど聞かないのが荒らしです。自分の言い分を通すために屁理屈や嘘八百を駆使します。それを指摘しても「それはお前が理解してないからだ」という屁理屈を返してきます。
 よくみかける荒らしの切り返しとしては次のような感じになります。


荒らしの屁理屈返答例

・お前が理解してない
・お前が誤解している
・お前に責任がある
・お前が間違っている



 これを言い換えると次のような一言に集約されます。


荒らしの基本的な態度

・俺が正しい(根拠無し。しかもこれしか行動の理由がない)



 ここが重要です。


 長くなるので、この先は「続きを読む」の中に格納します。





 本当に何が正しいのかは分からない事が多いのが世の中です。誰にとっても正しいことなどそうはないでしょう。同じ人間であっても立場が違えばものの見方や考え方、そして意見が違うのも当然といえば当然です。
 だからこそ人間は互いの主張を全部通すのではなく、相手の言い分も聞いて互いの利害を調整していかねばならないし、必要ならば自分も多少の不利益を被る覚悟が必要です。
 しかし、それをしないから荒らしは毛嫌いされます。自分の主張だけしかしないからです。


荒らしの態度

・自分の意見を通すために相手にのみ譲歩を迫る
・自分は絶対に譲らない


 普通こういう態度の人間は嫌われるでしょう。
 嫌われるからこそ排除されるのです。


 長々と書いてきましたが、一言でまとめてみたいと思います。


荒らしとは?

・自分を押しつける連中



 あなたはこんな人間と付き合いたいんですか?
 俺はごめんです。
 お断りします。
 冗談ではありません。
 荒らしは排除されて当然だし、あなたが身命を削ってまで付き合う理由は全くないのです。
 荒らしを相手にして得られるものといったら次のようなものでしょう。


荒らしがもたらすもの

・時間の浪費
・神経の消耗
・体力の低下
・悩みの増大


 それでも何らかの見返りがあるならば付き合おうとも思えるしょうが、残念ながらそれはありません。
 だからこそ、連中は非難されるし、排除されていくのです。



 人間は、

1、自分の考えがある
2、他人と違う部分に気付く
3、互いの領分を侵さないように、時折は譲り合っていく


という事を繰り返して円滑な人間関係を築き上げ、保っていくものだと思います。
 それを最初から否定しているような連中とは人間関係が結べません。
 最初の一歩の部分から一歩踏み出していかないような連中は、相手にされなくて当然です。
 ガキでももうちょっと友達を大切にするでしょう。
 それすら出来ない輩には、生物としての存在価値がありません。





 実に粗雑なもんで申し訳有りませんが、これが「俺から見た荒らしというモノ」です。
 自分を押しつけるだけなのは、ヤクザやチンピラだけで十分です。これ以上増える必要はありません。


 なお、そんな荒らし連中についてもう少し詳しく知りたい、情報が欲しいという方は、下のバナーをクリックして下さい。直接荒らしを扱ってるわけではありませんが、荒らしがどんなものかの参考になります。


 実に優れた荒らしの分析ブログ

 ↓↓↓

 ↓↓↓

 ↓↓↓

 ↓↓↓

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
posted by 気ままにつれづれ・・・・・? at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 荒らし・炎上・コメントスクラム対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「多数と匿名の暴力」に抗するためのメッセージ(2006年10月版)
Excerpt:  いわゆるコメントスクラムなど、ネットの特性を悪用し、自分の気にくわない言論をするサイトに集団で攻撃を加えるという、卑劣な行為を行う人たちが、現在でもあっちこっちに出没しているようです。  私は以前か..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
Tracked: 2006-10-14 00:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。